年末調整とは!

2012-11-08

こんにちは。
もうずいぶんと寒くなって、冬が始まったのかなあと思ってしまいます。この時期はなにかさみしい感じがしますね…。。

さて、この時期になると準備を始めていかないといけないのが、年末調整。
会社員であれば、おなじみのこの年末調整ですが実はなんのことかよく知らない!という方も多いのではないでしょうか。

そこで今日から何回かにわけて、年末調整についてのあれこれをコラムで書いていきたいと思います!

そもそもなぜ年末調整を行う必要があるのでしょうか??

会社など給与の支払者は毎月毎月、給与支払の際に所得税を源泉徴収しています。(額面と手取りが一致しない理由の一つです)
でもその源泉徴収した税額の1年間の合計は実際にその給与を受けている人の給与総額について納めないといけない税額と一致しないのがほとんどです。

????

なぜ、そのようなことが起こるのかというと、場合によっても異なりますが
①源泉徴収額は年間を通じて毎月の給与に変動がないものとして作られているが、実際は年の途中で給与額の変動があること
②年の中途で控除対象となる扶養親族の数に変化があること
③配偶者特別控除や生命保険料控除、地震保険料の控除などがあること

などが理由としてあげられます。
このような不一致を正しく清算するため給与総額が確定する年末に、実際に納めるべき税額を正しく計算しそれまでに徴収した税額との過不足額を求めその差額を、徴収か還付をする必要があるのです。

つまり1年の給与の源泉徴収の総決算ともいえる作業で非常に大事な手続きなのですね!

Copyright(c) 2013 株式会社レイライン運営 税理士紹介Net All Rights Reserved.